[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄罪で起訴された衆院議員の秋元司被告(48)=自民党を離党=について、東京地裁は10日、保釈を認める決定を出した。保釈保証金は3千万円。検察側は同日、決定を不服として準抗告した。地裁がこれを退け、秋元議員が保釈金を納付すれば、近く東京拘置所から保釈される見通しだ。

 秋元議員は3日に追起訴され、弁護人が同日、地裁に保釈を請求していた。地裁は逃亡や証拠隠滅の恐れを考慮したうえで、保釈を認めた模様だ。秋元議員は起訴内容を全面的に否認しており、公判で無罪を主張する方針だ。

 秋元議員は中国企業「500ドットコム」側から、衆院議員会館で現金を受け取ったほか、シンポジウムでの講演料や旅費など計約760万円相当を賄賂として受け取ったとして、東京地検特捜部に起訴されている。

 贈賄などの罪で起訴された「500」社側の3人のうち、紺野昌彦被告(48)ら2人はすでに保釈されている。