[PR]

 ドイツ東部チューリンゲン州で、議会の最小政党から新たな州首相が選ばれたが、1日で辞任を表明する事態に追い込まれた。排外的な主張を掲げる右翼政党の支持を得て選ばれたことから、「右翼の権力掌握に手助けした」と批判が殺到したためだ。

最小政党、気がつけば

 新首相に選ばれたのは、最小政党である自由民主党(FDP)のケメリッヒ氏。5日に行われた首相選出投票で突然名乗りを上げたところ、移民・難民の排斥や愛国主義を訴えて支持を伸ばしてきた右翼政党「ドイツのための選択肢」(AfD)の支持を得て、一躍、首相に選ばれた。

 同州ではラメロー前州首相の左派党が社会民主党と緑の党で左派連立してきたが、昨年10月の州議選で与党が過半数割れし、AfDが第2党に躍進した。

 5日の首相選出投票でラメロー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く