[PR]

岩下の新生姜ミュージアム(栃木県栃木市)

 ピンクでポップな空間が広がる。岩下食品の看板商品「岩下の新生姜(しょうが)」のイメージカラー。新生姜の部屋、アルパカ広場、売店、カフェなど「インスタ映え」しそうな場所ばかりだが、とりわけジンジャー神社は「御利益がある」と人気だ。

 「ツイートに社長も反応するので前から興味があった。面白い」。知人と訪れた栃木県鹿沼市の会社員松本まちこさん(25)はそう話した。

 本殿も鳥居も柱は新生姜の色と形。鎮座するのは新生姜のこま鹿こと「IWASHIKA(イワシカ)」。この神社、ショウガ効果で夫婦や恋人の仲もポカポカアツアツに、だそうだ。

 ミュージアムは元々、先代社長の所蔵品を展示する美術館だった。岩下和了(かずのり)社長(53)がプロモーション施設として2015年に開館。順調に客足は伸びて昨年8月には来館者が累計50万人に到達した。

 日々「おいしい」とか「好きだ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら