[PR]

 福井県立恐竜博物館と徳島県立博物館は10日、徳島県勝浦町の約1億3千万年前(白亜紀前期)の地層から、日本最古のスッポンモドキ科のカメの甲羅の化石が見つかったと発表した。

 発表によると、2018年2月に右下腹、同年12月に背中の甲羅の一部が見つかった。近くで発見されたが、同じ個体のものかは不明。化石の大きさから甲羅全体の長さはいずれも約9センチと推定され、特有の甲羅のくびれの形などからスッポンモドキ科と判断したという。両館は16年から合同で発掘調査をしていた。

 スッポンモドキ科はスッポン科に近いカメで、福井県勝山市の約1億2千万年前の地層から見つかった化石がこれまで日本最古とされており、今回は約1千万年さかのぼった。世界最古の化石はタイの約1億3500万年前の地層で見つかっているという。

 恐竜がいた白亜紀前期のスッポ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら