[PR]

 中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中、名古屋市の河村たかし市長は10日、友好都市の中国・南京市にマスク10万枚を寄贈することを明らかにした。

 名古屋市は、備蓄する36万枚の中から南京市へ送る。市によると、南京市が1月末、日本での防護服の入手ルート先を尋ねてきたのを受けて、今月6日にマスクの寄贈を打診。南京市は9日に中国駐名古屋総領事館を通じて「医療現場でも不足しているので大変ありがたい」と受け取る意向を伝えてきたという。

 河村氏が2012年2月、中国共産党南京市委員会の訪日代表団に、日本軍による略奪や非戦闘員殺害があった南京事件について、「事件はなかったのではないか」と発言。両市間の公式な交流が止まっていた。河村氏は10日、報道陣の取材に「友人が困っていれば、応援するのは自然の情」と話した。

■東海地方から支援…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら