[PR]

 いったいどこまで広がるのか――。新型コロナウイルスへの感染者が130人を超えた大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号。発熱を訴える人が相次ぐなか、五月雨式に新たな感染が分かるという事態に、船内では不安の声が膨れあがっている。

拡大する写真・図版ダイヤモンド・プリンセス号のデッキから客室につながる階段。乗客の姿はない(2020年2月10日、乗客提供)

 乗船している関西地方の男性会社員(60)は10日午後、新たに65人の感染が見つかったことをネットニュースで知った。館内放送も流れた。電話取材に「感染拡大が終わらないのでは」と不安げに語った。

 居室のベッドシーツは2、3枚あるストックから自分で交換。トイレ清掃も部屋に備え付けのブラシで自らしているという。9日夜には持病の糖尿病の薬が届き、5日ぶりに服用した。「こんな生活がいつまで続くのか」と話す。

 夫と2人で滞在する女性(54)は数日前、38・5度の高熱が出た。関節も痛み、インフルエンザのような症状。診察予約を入れて居室で3時間待たされた後、医務室へ。発熱を訴える人でごった返しており、さらに30分待った。診察後にタミフルを処方されて熱は下がったが、「新型コロナウイルスじゃないか」と不安がよぎった。ウイルス検査を依頼したが、緊急性がないと断られたという。

 船内にいる女性の知人は、同じころにインフルエンザA型と診断された。一方で、高熱が出ても丸1日診察してもらえなかった別の知人もいた。「同じ発熱でも対応に差があり、説明が不十分だ」と言う。

乗客有志が6項目の要望

 9日には乗客の有志が、船内に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら