[PR]

 全日本アンサンブルコンテスト第47回東北大会(東北吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が9日、盛岡市の岩手県民会館で開かれた。小学校、中学校、高校、大学、職場・一般の各部門に、東北6県から計72団体が出場。山形県勢は12団体が出場し、5団体が金賞。そのうち山形六中・打楽器五重奏が、3月20日に福井市で開かれる全国大会への出場を決めた。

 山形六中・打楽器五重奏のマリンバ、渡辺陽愛(ひめ)さん(2年)は発表後、目を潤ませながら仲間と喜んだ。「緊張して心の揺らぎが音に出てしまった」と演奏を振り返った。

 全国大会に向けては「勝ち上がれなかった仲間や他団体、支えてくれた多くの人たちに感謝の気持ちを込めて、思い通りの演奏をして金賞をとりたい」と意気込んだ。

   …

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら