[PR]

 第43回全日本アンサンブルコンテスト四国支部大会(四国吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が9日、徳島県鳴門市文化会館であった。中学、高校、大学、職場・一般の4部門に各県大会を勝ち抜いた計46組が出場。少人数編成で息の合った打楽器や管楽器のハーモニーを奏でた。審査の結果、7組が四国支部代表に選ばれ、3月20日に福井市の福井県立音楽堂ハーモニーホールふくいで開かれる全国大会への出場が決まった。

 代表に選ばれたのは、中学の部がともに徳島市の国府(打楽器四重奏)と城東(金管八重奏)。高校の部はともに香川県の高松一(クラリネット八重奏)と坂出(金管八重奏)。大学の部は徳島県の四国大(木管三重奏)、職場・一般の部は高松市民吹奏楽団(金管八重奏)と愛媛県のアンサンブル パタティ・パタタ(クラリネット四重奏)。

 県内から出た各組のうち、四国代表以外の成績は以下の通り(打楽器=打、木管=木、クラリネット=ク、フルート=フ、金管=金。数字は重奏の数)。