[PR]

 酒を飲めるが、あえて飲まないという人が増えている。米国では「ソバーキュリアス(飲まないことを好む)」という。なぜ人は酒と距離を取り始めたのか。

町田康さん 30年飲み続けたが

 作家の町田康さん(58)は約30年間、ほぼ毎日飲んできた酒を、2015年末に断った。昨年秋には「濁酒地獄」から抜け出した苦闘の日々をコミカルに書いたエッセー「しらふで生きる」(幻冬舎)を発表。これが9刷3万8千部と売れている。担当編集者は読者カードの感想などから、「お酒をやめたい人がこんなに多いんだと実感した」という。

拡大する写真・図版町田康さん=静岡県熱海市

 断酒は、どう生きるかという人生哲学と切り離せない。町田さんは、「常識を疑いたい」という思いから出発した。「正月だから普通飲むでしょうとか、そういう常識を疑ってみたかった」

 酒をやめたことで、創作の際の複雑な思考もより粘り強くできるようになったほか、犬や猫の世話や部屋の掃除といった「雑事」も楽しく感じられるようになったという。「あくまでも体感ですが」

飲酒習慣ある人 減り続ける

 近年、アルコール離れは進んでいる。国税庁の調べでは、酒類の消費量は1996年度の約966万キロリットルから17年度の約837万キロリットルまで低下。厚生労働省の調査では、「ほとんど飲まない・飲めない」人の割合は07年と17年を比べると、20代男性が約4割から約5割、30代男性が約3割から約4割へ増えた。週3日以上飲酒する「飲酒習慣」のある人は20代男性で97年に31%いたが、17年には16%まで下がった。

拡大する写真・図版飲酒習慣率の変化

 米国でも、80年以降に生まれたミレニアル世代を中心に酒を飲まない生き方に注目が集まる。

 ニッセイ基礎研究所の久我尚子・主任研究員は「ミレニアル世代は効率を重視する傾向が強い。酒による快楽と、費やされる時間やお金の大きさ、自己を制御できなくなるデメリットなどを比較し、コストパフォーマンスが低い娯楽と判断しているのでは」とみる。

 ベストセラー「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」で物を持たない生き方「ミニマリズム」のブームを起こした元編集者の佐々木典士さん(40)も3年前に酒を断った。早起きがしやすくなり、午前5時からヨガや執筆をする規則正しい生活を送ってきた。「激減した喫煙者のように、飲酒をする人は未来には少数派になっていく」と佐々木さんはみる。

断酒は、簡単にできるものではない。「飲みたい!」という欲望は、定期的にわきあがってくる。どうやって抑えればいいのか。記事の後半では町田康さんが、自らの禁酒の日々や飲まずに済むコツを、詳しく語ってくれます。

 仕事に専念したいという理由で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら