[PR]

 長時間労働が問題になっている学校教員の負担を、教員以外の人材が担う仕組みが新潟県内の小中学校で広がっている。保護者が自主的に参加し、教材づくりなどをするボランティアもある。つながりが生まれるなど、参加者にもメリットがあるようだ。

 新潟市中央区の市立白山小学校(児童数233人)の一室で1月下旬の午前中、保護者と地域住民13人がテーブルを囲んで作業していた。

 「小学生に戻ったみたい」「楽しいよ」

 パソコンに向かう人、紙をはさ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら