[PR]

 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし――。江戸時代の剣術書の一文を座右の銘に、独特の表現で話題を集めた野村克也さん。残した名言から、その歩みをたどる。

◆   ◆   ◆

1965年10月21日

戦後初の三冠王に。「大きなことを言うわけではないが、今シーズンは自分のためにあったような気がする」

69年11月5日

南海で選手兼監督を務めることが…

この記事は有料会員記事です。残り3230文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3230文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3230文字有料会員になると続きをお読みいただけます。