[PR]

 第13回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の決勝が11日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで始まった。勝ち進んだのは永瀬拓矢二冠(27)と千田翔太七段(25)。共に初優勝をかけた一戦となる。

 準決勝で、永瀬二冠は阿久津主税八段(37)に、千田七段は高校生棋士の藤井聡太七段(17)に勝った。共に今期の勝率は7割を超えており、勢いがある。対戦成績は永瀬二冠が6勝0敗だ。

 準決勝の千田―藤井戦は、先手の千田七段の研究が図に当たり、リードを奪った。千田七段が4分しか使っていない段階で藤井七段は40分の持ち時間を使い切り、持ち時間でも差がつく展開に。千田七段は冷静な指し手を続けて勝ちきった。千田七段は「藤井さんに勝って決勝に進みましたので、決勝もいい将棋を指したいと思います」と話した。

 藤井七段は初参加の第11回と第12回を連覇し、第7~9回の羽生善治九段(49)以来2人目となる3連覇がかかっていた。対局後、「千田七段に強く踏み込まれた。また、実力をつけて頑張りたい」と話した。

 現地では木村一基王位(46)と上田初美女流四段(31)による大盤解説会が開かれている。朝日新聞デジタルの将棋ページ(https://www.asahi.com/shougi/)で中継している。(村瀬信也