[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎が蔓延(まんえん)している問題で、中国の国家衛生健康委員会は11日、中国本土の死者が前日から108人増え、計1016人に達したと発表した。最初の死者が確認されてから約1カ月で、死者が1千人を超えた。また、新たに2478人の感染が確認され、感染者は計4万2638人になった。このうち、重症者は7333人で、ほかに2万人を超える人に感染の疑いがあるという。

 特に感染が始まった湖北省で被害に歯止めがかかっておらず、この1日で103人が死亡、2097人への感染が新たに確認された。中国国営中央テレビによると、同省共産党委は10日、感染症対策部門の責任者である同省衛生健康委員会の書記と主任の解任を決めた。また同省武漢市は10日付で、さらなる感染拡大を防止するためとして、住民らが暮らす地域からの出入りの管理を厳格化する方針を打ち出した。(北京=高田正幸)