拡大する写真・図版準決勝で対局する藤井聡太七段(左)と千田翔太七段(右)=東京都千代田区

[PR]

 第13回朝日杯将棋オープン戦の準決勝、千田翔太七段―藤井聡太七段戦、永瀬拓矢二冠―阿久津主税八段は11日午前10時30分、東京・有楽町朝日ホールで同時に行われた。

 千田―藤井戦は事前に行われた振り駒で千田が先手に。両対局者は多くのファンと報道陣が見守る中、10時22分に入場。着席後、上手が行う駒箱を開ける作業を譲り合う場面があった。通常だと段位が同じなので先輩の千田が上手だが、朝日杯で2連覇中の藤井に千田が譲る形で、藤井が駒箱を開け、藤井が王将、千田が玉将を取って駒を並べた。

 午前10時30分に対局開始。戦型は両者得意の角換わり腰掛け銀となり、わずか15分で61手目、図1の局面まで進んだ。消費時間は千田がわずか4分、藤井が10分。互いに事前の研究が行き届いていることをうかがわせる進行だ。

拡大する写真・図版図1・61手目▲6三銀まで

記事の末尾で、準決勝対局の大盤解説会の一部始終を収録したライブ中継動画をご覧いただけます。解説役は木村一基王位と上田初美女流四段です。

 両者の対戦成績は藤井の2勝0…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら