[PR]

 東京のJR渋谷駅前に設置されている鉄道車両「青ガエル」が、「忠犬ハチ公」の故郷・秋田県大館市の観光交流施設「秋田犬の里」に移設される見通しとなった。渋谷区が大館市に無償譲渡する。5月下旬から移送作業を始め、7月に来場者の憩いの場所として活用する。

 「青ガエルプロジェクト」として大館市と渋谷区が9日、共同記者会見で発表した。

 青ガエルは、東急電鉄が1954年から86年まで東急東横線などで運行した。緑の塗装と丸みのある外観から「青ガエル」の愛称で親しまれ、退役後も長野県や福島県の鉄道会社で使われた。2006年に東急電鉄が保存していた車両を渋谷区が譲り受け、渋谷駅前に設置。区観光協会が運営する観光案内所になった。

 渋谷駅前は現在、大規模再開発…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら