[PR]

 サッカーJ2の水戸ホーリーホックが、eスポーツチームを設立する。29日に所属選手を決める大会を県内で開き、2人と契約。2人が大会やイベントに参加することで、ファン層の拡大を狙う。この大会を後援する県も、企業を対象としたセミナーを開くなど、eスポーツを通じた産業振興につなげたい考えだ。

 クラブによると、設立するのはサッカーゲーム「ウイニングイレブン」のチーム。選手を選考する大会で上位に入った2人と契約する。年齢制限はないが、中学生以下は保護者の同伴が必要。クラブが指定する大会やイベントに参加し、謝礼や旅費はクラブが支給する。契約期間は1年間。

 10日の会見で沼田邦郎社長は「年代や性別に関係なく参加できるeスポーツを通じてファン拡大につなげ、サッカーとeスポーツの両面から茨城を盛り上げたい」と語った。

 沼田社長によると、J1鹿島ア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら