[PR]

 愛知県豊田市は12日、同市藤岡飯野町にある市の清掃施設「グリーン・クリーンふじの丘」に運び込まれたごみの中から、1127万円分の紙幣が見つかったと発表した。市は拾得物として豊田署に届けた。

 市によると、11日午後3時半ごろ、市職員が金属ごみを分別し、可燃物をパッカー車に投入する作業中、パッカー車の可燃物の中から紙幣を見つけた。見つかったのは旧札の1万円札や5千円札、千円札で、封筒に入っていたり、帯封が付いていたりした。10~11日に持ち込まれたごみの中に混じっていたとみられるという。