[PR]

 11日に84歳で亡くなったプロ野球界の名将、野村克也さん。その指揮下で3度日本一となったヤクルトの公式マスコット・つば九郎も元監督の死を悼み、公式ブログで、思い出や残された家族への思いなどをつづっている。

 つば九郎が11日夜に更新したブログ「ひと言日記」のタイトルは「ありがとうございました。」。野村さんの死去を知ったときから「ず~っと、ぼ~っとしてました。てれびをみて、いろいろおもいだしながら」。懐かしいツーショット写真を披露しながら監督時代の野村さんとの思い出を語り、「てんごくで、ひさしぶりにさっち~とあえてますかね。しーずんはじまったら、じんぐうのしあいをのぞきにきて、たかつかんとくに、ぼやいてください」とメッセージ。「やきゅうをだいすきにさせてくれて、ありがとうございました。こころより、ごめいふくもうしあげます」と結んでいる。

 翌12日のタイトルは「げんきをだして。」。野村さんが生前、高津臣吾さん(現監督)や池山隆寛さん(2軍監督)、息子の克則さん(元ヤクルト選手、現楽天コーチ)らとほほえむ写真をアップして、「ことしのあきも、ゆうしょうほうこくかいでこのぱちりみたかったな……」。

 そして、「さきほど、いけやまさんから、のむさんにあいにいってくる!っとれんらくがきました。(中略)かつのりくんには、げんきをだしてね!っと、つたえてもらうよう、おねがいしました」。両親を失った克則さんの胸中を思い、エールを送っている。