拡大する写真・図版ハート形の南京錠「愛鍵」。モニュメントにかけられるため、カップルに人気だ

[PR]

 2月13日は「恋叶(こいかな)ロードの日」。大分県豊後高田市の名付けたご当地記念日で、市内を走る約20キロの国道213号を「恋叶ロード」と呼ぶことにちなんでいる。

 国道213号沿いには、縁結びの粟嶋(あわしま)神社やモニュメントがあり、インスタ映えの地として人気上昇中だ。「日本の夕陽(ゆうひ)百選」にも選ばれた真玉(またま)海岸は、ドライブコースにぴったり。日頃から若い女性たちやカップルの姿が目立つ。

拡大する写真・図版国道213号沿いにある「恋叶ロード」の看板

 「豊後高田市でぜひ恋を実らせて」という願いを込めて、2016年に定められた。以来、少しずつ足を運ぶ人たちも増えてきて、市の夢は叶いつつある。

 14日はバレンタインデー。恋の成就まで「あと一歩」というタイミングなだけに、ロードを歩けば恋が叶うかもしれない!?(谷辺晃子)

拡大する写真・図版ハート形の南京錠「愛鍵」。名前や日付も書き込める

拡大する写真・図版縁結びの神様として親しまれる粟嶋神社。海に突き出た岩窟に設けられており、珍しいロケーションが目を引く

拡大する写真・図版粟嶋神社に隣接する粟嶋公園のモニュメント「結」。「無限の愛」を表しているとして、カップルに人気だ