[PR]

 米航空機大手ボーイングは12日、航空機の部品を運ぶ専用貨物機「ドリームリフター」の内部を公開した。同社の中型旅客機「787」の1千機目となる主翼が、中部空港(愛知県常滑市)から米国へ輸送されることを記念して、企画された。内部が報道公開されたのは日本で初めて。

【動画】「飛行機運ぶ飛行機」ドリームリフター内部を初公開=戸村登撮影

 ドリームリフターは、「ジャンボジェット」の愛称で知られた旅客機「747―400」を改造した貨物機で、胴体部分が大きくふくらんでいるのが特徴。世界で4機だけが運航されており、日本では中部空港のみ就航している。

 内部は長さ約30メートル、高さと幅は共に約7メートル。三菱重工業が名古屋市内の工場で手がけた787の主翼は、ドリームリフターの機体後部から縦に二つ並べて運び込まれた。今後、米サウスカロライナ州にあるボーイング社の工場で組み立てられる。

 787は部品の35%が日本でつくられ、初号機が全日本空輸(ANA)へ納入された、日本との縁が深い機種。1千機目の主翼は10日に完成。船で中部空港まで運ばれた。ボーイングでドリームリフターの運航を担当する坂本正行さんは「記念すべき千号機の出荷。これからも安全な輸送ができるよう気持ちを新たにした」と話した。(初見翔)