[PR]

 2017年のクリスマスイブに、大阪府箕面市の集合住宅で当時4歳の長男に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた母親の筒井麻衣被告(28)に対する裁判員裁判の判決が12日、大阪地裁であった。大寄淳(おおよりじゅん)裁判長は「逃げ場のない幼い子どもたちに対して一方的に暴行を繰り返し、悪質だ」として懲役9年(求刑懲役13年)を言い渡した。

 判決によると、筒井被告は17年11月から同居していた当時の交際相手の松本匠吾受刑者(26)=同罪などで懲役10年の実刑確定=と知人の大倉敏弥受刑者(22)=同=と共謀し、同年12月中旬ごろから長男歩夢(あゆむ)ちゃんと当時2歳の次男に暴行。同月24~25日に歩夢ちゃんの腹を複数回殴って死亡させ、次男には腹などを殴って約1週間のけがを負わせた。

 判決は、筒井被告が両受刑者に暴行するよう求めたことをきっかけに、両受刑者が歩夢ちゃんらに暴力を振るうようになったと指摘。「母親でありながら、犯行のきっかけをつくるなどして4歳の子どもの死亡という結果を招き、厳しい非難に値する」と述べた。

 弁護側は、被告が両受刑者のエ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら