[PR]

 東京五輪の聖火リレーについて、「聖火リレープレゼンティングパートナー」の1社である日本コカ・コーラ社が12日、ランナーと一緒に走る車両を発表した。沿道に集う人が写真撮影できたり、高い場所から観覧できたりする車もあり、「日本各地でオリンピックの雰囲気を楽しんで」と呼びかけた。

 ランナーと一緒に走る車は10トントラックを改造したもので、全長約12メートル。時速約6キロで走る。コカ・コーラの赤を基調に、五輪マークの5色をあしらった。

 写真撮影ができる車は人力車に似せた形で、トーチと一緒に映ることができる。観覧車は2階建ての2階部分に上がり、見晴らしのいい場所から楽しむことができる。

 日本コカ・コーラ社の募集で選ばれた聖火ランナーのうち、7人も登壇。東京都内を走る矢崎文彦さん(99)は「平和だからこそ五輪ができる。戦争で戦った人間としては、平和の素晴らしさをみんなに伝えたい」と話した。

 聖火リレープレゼンティングパートナーは日本コカ・コーラ社のほか、トヨタ自動車、日本生命保険、NTT。(西村奈緒美)