拡大する写真・図版昨年秋の水泳大会。各中学校がチームを組んでリレーに出場した=2019年9月14日午後1時42分、青森市民室内プール、板倉大地撮影

[PR]

 青森県内の中学校で、プールの数が年々減少している。一方で、プールがなくても水泳部が存続している学校があるようだ。「プールのない水泳部」の実情を探った。

 青森市内の室内プールで昨年秋に開かれた市中学校体育大会秋季大会。市内16校の水泳部に所属する69人がバタフライなどの種目に出場したほか、メドレーリレーでは、学校ごとに競い合った。

 リレーはプールの壁にタッチして交代するタイミングが重要だが、大会前に校内のプールで練習をする学校はほとんどないという。学校にプールがなく、水泳部の活動自体が行われていない場合が多いからだ。

 大会に出場した造道中1年の赤…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら