[PR]

 新型コロナウイルスの国内での流行が不安視される中、街ではマスクの品薄状態が続いている。国はメーカーに増産を依頼してマスク不足の解消を急いでいるが、やむなく再利用したり、自分で作ったりすることを考えた人もいるだろう。衛生面や効果に影響はないのだろうか。そもそもマスクの感染予防効果はきちんと確認されているのか。専門家らに話を聞いた。

使い捨てマスクは再利用できるの?

 マスクの再利用について、全国マスク工業会の高橋紳哉専務理事は「(繊維を織らずに絡ませた)不織布でつくられたマスクは基本的に使い捨てが前提で、洗った場合は100%の効果はない」と話す。ただ、使い捨てではないマスクも売られており、布製などの一部の製品には洗って使うことができると書かれている。

 何度も洗って使えるという、フィルターを重ねた高性能マスクを生産するメーカー(愛知県)によると、1万円以上する商品もあるが、注文が相次ぎ、現在は受注を停止している状態という。

 感染症に詳しい、関西福祉大学の勝田吉彰教授(渡航医学)は使い捨て用マスクの再利用は危険だと指摘する。使用済みのマスクの表面には、ウイルスを含んだ飛沫(ひまつ)(せきやくしゃみのしぶき)がついている可能性があるからだ。「裏表で再利用したり、洗ったりすると、飛沫に触れて感染するかもしれない」と話す。

キッチンペーパーでマスクを作ってみた

拡大する写真・図版記者がキッチンペーパーを重ねて作ったマスク。蛇腹折りにし、両端にホチキスで輪ゴムをつけている。つけてみると鼻の周りの密着感が足りず、少し不安を覚えた=大阪市

 それでは、自作するのはどうか。今回の新型コロナウイルスの流行とは関係ないが、警視庁災害対策課が2017年に、ツイッターでキッチンペーパーを使い簡易マスクを作る方法を紹介し、「密閉性には少し欠けるが、砂ほこりなどは十分に防げる」と説明していた。そのときの簡易マスクが、今回の新型コロナウイルスに関して、ネット上で話題になった。

 記者もつくってみた。まず、キッチンペーパーを机に広げ、一辺から約1センチ離れたところで辺と平行に山折りする。続いてさらに1センチ先を谷折りにする。これを続け、キッチンペーパーが蛇腹の帯のようになったら、そのまま両端に輪ゴムをつけホチキス止めする。とても簡単で、数分で完成した。

 ただし、マスクを手作りすることについて、勝田さんは「マスクが買えるまでの緊急避難的に使うべきで、推奨はしない。キッチンペーパーで作る場合は3枚ぐらい重ねて、できるだけ顔に密着するようにしてほしい」と話す。

拡大する写真・図版2017年に発信されたキッチンペーパーによるマスクの作り方=警視庁災害対策課のツイッターから

マスクの予防効果ある?ない?

 通常のマスクの効果について、厚生労働省はウェブサイトの「新型コロナウイルスに関するQ&A」で「せきやくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルスなど病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされている」として、せきやくしゃみなどの症状がある人に身に着けるよう勧める。

 ただ、予防については「混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられるが、屋外などでは、相当混み合っていない限りマスクを着用することによる効果はあまり認められていない」と解説している。

 全国マスク工業会の高橋さんは、「マスクはウイルスそのものではなく、ウイルスが付着した飛沫を通すのを防ぐ」と説明する。自分の顔のサイズにあったマスクを、裏表や上下を確認して、隙間がないようにつけるのがポイントだ。

マスクだけでなく組み合わせが重要

 勝田さんは「そもそもマスクの力を過信しないでほしい」と呼びかける。米疾病対策センター(CDC)などが19年に発表した研究(https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2749214別ウインドウで開きます)によれば、病院などで働く人を対象に、インフルエンザにかかる割合を調べたところ、粉じんなどの吸入を防ぎ、直径0・3マイクロメートルの粒子を95%以上除去できるという「N95マスク」を身に着けた人が8・2%、コンビニエンスストアなどでも手に入る医療用の「サージカルマスク」の人が7・2%だった。

拡大する写真・図版マスクの品切れを伝える薬局の告知。外国人向けに英語でも表記しているという=大阪市

 この研究は、医学の知識が豊富な医師らを対象にしており、マスクが顔に密着するなど正しい使い方が前提になっているが、それでもマスクを着けている人が全員感染を防げるわけではない。研究によれば、高性能なN95マスクでも、比較的値段が安いサージカルマスクでも効果にはっきりした差はなかった。

 マスクだけでなく、手洗いやアルコール消毒などと組み合わせて感染リスクを下げることが大切だという。「2009年の新型インフルエンザのように、国内でもすでに広く広まっている想定で、危機管理をしてほしい」

 厚生労働省は、感染した場合にウイルスを広げないよう、マスクがない状態でせきやくしゃみをする時は、ティッシュやハンカチ、上着の袖を使って、口や鼻をおさえる「せきエチケット」も推奨している。(鈴木智之)