拡大する写真・図版市川猿之助さん=2019年11月、村上健撮影

[PR]

 古典の名作はもちろん、人気漫画「ONE PIECE」の舞台化まで、多彩な活躍をみせる歌舞伎俳優、四代目市川猿之助。自身を、青白く光る「月」に例える。そんな彼が、今、挑む舞台とは――。

 「三代目が太陽なら、僕は月。光るけれど、青白い。熱していないというか……。だけれど、何となく人の心を魅了する。その方が良いですね」

 最新の舞台技術や現代音楽を取り入れた、スーパー歌舞伎を創始した伯父、市川猿翁(三代目猿之助)から名前を継いだのは、2012年。自身の挑戦の場として立ち上げた、スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)のシリーズに、そんな四代目の色を映す、新たな作品が加わった。

 昨秋、東京で開幕した「新版 …

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら