拡大する写真・図版NHK「お江戸でござる」に出演し、広く顔と名前を知られた杉浦日向子さん=1998年

[PR]

 江戸ブームと言われた1980年代、後に江戸風俗研究家として活躍することになる杉浦日向子さんは、初めての江戸エッセーにこう書いた。「いま、なぜ江戸なのか」という発想からではなく、絶え間なく意識し続ける存在として江戸を考えたい――。時代を問わず、江戸は多くの人々が気になる存在であり続け、杉浦さんの著作は今も読み継がれる。その背景に何があるのだろう。

吉原から江戸をみる

 杉浦さんは、丸っこい字で書いた3枚の企画書を取り出した。80年代前半、東京・高田馬場の喫茶店。受け取った筑摩書房の編集者、松田哲夫さん(72)=現・同社顧問=は、20代半ばの漫画家の大胆な発想に驚いた。

拡大する写真・図版自宅で落語のレコードを手にする漫画家時代の杉浦日向子さん=1985年

 杉浦さんは日大芸術学部を中退後、時代考証家の故稲垣史生氏に師事。80年に漫画雑誌「ガロ」でデビューし、江戸の町人や武士の生活、遊郭、幕末の彰義隊を題材に漫画を描いていた。

 若い感性で見事に江戸の空気をとらえている。そう評価していた松田さんが「彼女が案内人になって内側から見た江戸を伝えれば、多くの人に江戸をもっと近くに感じてもらえる」と執筆を持ちかけた江戸案内書の企画書だった。

 題は「絵本 江戸のアリンス」。「ありんす」は江戸時代に吉原の遊女が使った郭詞(くるわことば)だ。吉原の世界をまち、ひと、くらしに分けて解説し江戸を案内しよう、との内容だった。松田さんは「表現力だけでなく企画力もかなりなものだ」と感じた。

拡大する写真・図版『江戸へようこそ』をはじめ杉浦さんの本を二十数冊編集した松田哲夫さん

同時代にまじっている江戸

 松田さんの助言も踏まえ、絵本ではなく吉原以外にもテーマを春画や戯作(げさく)、「粋(いき)」にも広げ、86年にエッセー『江戸へようこそ』を出版。作家の故中島梓さんや高橋克彦さん、劇作家の岡本螢さんとの対談も盛った。

 杉浦さんは前書きにあたる「前…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら