拡大する写真・図版開館70年を迎えた首里劇場。老朽化が著しいが歴史的な建物として見直されている=2020年1月20日午後0時12分、那覇市首里大中町、伊藤和行撮影

[PR]

 那覇市の首里地区にある「首里劇場」が今年、開館70周年を迎えた。県内最古の映画館だ。戦後、映画や沖縄芝居など庶民の娯楽場として栄えたが、いま上映するのはもっぱらピンク映画。3代目が細々と営む。最近は、建物としても歴史的に貴重と見直され始めている。

 火災が起きた首里城から約500メートルの住宅街。1月中旬の昼下がりに訪れると、館内からピンク映画らしい声が漏れ聞こえた。「首里劇場」と手書きされた壁はペンキが所々はがれ、ガジュマルの木が屋内まで根を伸ばす。薄暗い館内に入ると「ちょっと待ってね」と2階の映写室から館長の金城政則(きんじょうまさのり)さん(65)が下りてきた。

拡大する写真・図版1日3本立て。入場料800円を払えば見放題だという=2020年1月20日午前11時28分、那覇市首里大中町、伊藤和行撮影

 この日は3本立ての上映。入場料は800円。縦約4メートル、横約7メートルのスクリーンに、客席は200ほど。高齢や中年の男性ら約10人が鑑賞していた。1人で切り盛りする金城さんは「昔は笑いと感動、今は笑いとエロを届けているよ」と笑った。

黒板に書かれた上映スケジュールや厳かな雰囲気の劇場内…。記事後半では首里劇場の動画をご覧になれます。

■1950年、「首里に娯…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら