拡大する写真・図版京都への移転予定が延びた文化庁=東京・霞が関

[PR]

 文化庁の京都への全面移転の時期が、予定していた2021年度中から、22年夏以降に延期されることとなった。13日にも、同庁と京都府、京都市など関係者が正式に合意する。移転先の改修工事の遅れが理由だとしている。

 文化庁は、京都府庁に隣接した府警本部本館(京都市上京区)への移転を予定している。府が市の協力を得て改修工事と増築を行い、その後、文化庁が借り受ける計画だった。同庁によると、昨年末に府から、資材や作業員の不足で庁舎整備が間に合わず、完成は22年8月末になる予定だと連絡を受けたという。そのため、移転は早くてもそれ以降になる。

■「庁舎が2カ所に分かれて…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら