[PR]

 TBS系のバラエティー番組「消えた天才」で、野球やサッカーなどの試合映像を早回しし、実際より速く見せていた問題について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(神田安積委員長)は13日、放送倫理違反があったと認定する意見を公表した。

 審議対象は2018年1月、11月、19年8月の3回分の放送。8月の番組では、当時12歳だった少年の野球の試合映像を放送した際、投球シーンの全31球のうち7球で、投手がボールを投げてからキャッチャーミットに収まるまでの約0・5秒間について、実際のスピードの115~156%の4段階で、映像を早回しする加工を施していた。番組のスタッフから指摘があり、TBSが確認すると、TBSの社員や外部の複数のディレクターが、3回分の放送の早回しに関わっていたという。同社は昨年9月、番組ホームページなどで謝罪し、10月には番組の終了を発表していた。

 意見書では、「スタジオの出演者や視聴者に対して『実際の映像』と言いながら、またはそう受け取れる状況で、映像の早回し加工が繰り返された。映像の加工であれ、事実を曲げる手法は過剰な演出と言われてもやむをえない」と指摘。「ニュースは市民の知る権利へ奉仕するものであり、事実に基づいて報道し、公正でなければならない」ことを定めた日本民間放送連盟の放送基準、また「ドキュメンタリーや情報系番組においても虚偽や捏造(ねつぞう)が許されないことはもちろん、過剰な演出にならないように注意する」とした同基準の解説に照らし、これらの規定などに抵触しているとした。

 また、意見書では映像加工などがスタッフ各自のパソコンで、極めて簡単にできることになった環境にも言及。神田委員長は、「個々人のモラルこそ、放送倫理と置き換えることが可能。制作者、局全体、あらゆる放送局の普遍的な課題を突きつけている事案だと思う」と述べた。

 担当の岸本葉子委員は、「技術的な変革にチェックの仕組みが追いついていない。その乖離(かいり)を埋めていくには非常に時間がかかると思う。その中で放送に携わる人にとっては、個々人のモラルでこの状況をしのいでいくことが求められている」と話した。

 TBSは意見を受け、「BPOの意見を真摯(しんし)に受け止めております。番組制作に生かし、引き続き信頼回復に努めてまいります」とコメントを発表した。(西村綾華)