【動画】まだまだ健在! 大阪の風呂屋文化=中村俊介撮影
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 扉を開ければ湯気の向こうには、大小いくつもの湯船が。奥にはサウナやジェットバスがひしめく。大阪の路地裏は、テーマパーク顔負けの銭湯であふれている。お湯につかるだけじゃもったいない、それがナニワの湯あみやで!

 実は、単身赴任中の私も銭湯ファンだ。週に3度は近所を巡り、休日には電車に乗って遠くに足を延ばす。自宅ではシャワーぐらいで、湯船はほとんど使わない。

 通い始めて、その凝りように驚いた。湯船は深さを違えて複数あるし、寝風呂やジェットバス、電気風呂は当たり前。薬湯や露天風呂、打たせ湯、軟水をうたう風呂屋もある。寄席で言えば色モノ的な脇役だが、みな「俺らが主役」とばかりに、強烈にアピールしている。

 湯船の周りにはたいてい腰掛け…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら