拡大する写真・図版空爆を生き延びたノアさん。亡くなった弟モアス君(7)との思い出を尋ねると、長い沈黙が続いた。一番可愛がっていた弟だった=2020年2月7日、ガザ地区デイルバラ、高野遼撮影

[PR]

 こんな悲劇は2014年の戦闘以来だ。現地ではそう言われている。

 パレスチナ自治区のガザ地区デイルバラ。昨年11月、イスラエル軍による空爆があった。民家が爆撃され、子ども5人を含む一家9人が死亡した。のちに、イスラエル軍は誤爆だったと認めた。

 生存者がいた。両親を失い、4人の妹弟とともに生き延びた小学6年生の少女。惨劇から3カ月、彼女のもとを訪ねた。

 その日は、月の見えない暗い夜だったという。ノア・サワルカさん(12)は横たわったまま眠れずにいた。日付が11月14日に変わっても、上空を飛ぶ戦闘機の音が彼女の眠りを妨げていた。

 深夜0時25分ごろ。爆音とともに炎が見えた。外へと飛び出ると、暗闇のなかで自宅は跡形もなくなっていた。

 さらに3発、爆撃が続いた。ノアさんが眠っていた離れの小屋も木っ端みじんになった。叔父の家族が住む隣家も吹き飛んだ。

拡大する写真・図版空爆された民家があった現場。直径20メートルほどの穴が地面に開き、周りには家具やサンダルなどが散らばっていた=2020年2月7日、ガザ地区デイルバラ、高野遼撮影

 自宅のあった場所には、クレーターのように直径20メートル以上の穴が開いていた。一瞬の出来事に言葉が出ず、座り込んだ。

 巨大な穴の縁に、6人の人影がみえた。父と母、4人のきょうだいだった。母は動かない。亡くなったのだと、すぐに悟った。父は顔面が血まみれだった。「救急車を呼んでくれ」。そう言われたが、動けなかった。

 救急車が来るまで1時間ほどだ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら