[PR]

 スペインのバルセロナで今月下旬に開催予定だった世界最大の通信関連の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」は12日、中止されることが決まった。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を理由に、ソニーやエリクソンなど主立った企業の参加取りやめが相次いでいた。

 MWCを主催する業界団体GSMAは12日、「コロナウイルスの発生に伴う世界的な懸念が開催を不可能にした」との声明を発表した。

 その数時間前、フィンランドの通信機器大手ノキアが「産業や顧客への責任も大切だが、社員の安全と健康が最優先」として、出展取りやめを表明。同じような理由で、すでにスウェーデンのエリクソンや米アマゾン、韓国LG電子、日本のソニーやNTTドコモなど主要企業が取りやめを決めていた。

 GSMAによると、MWCは約…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら