[PR]

 2021年度中を目指していた文化庁の京都への全面移転が、22年夏以降に延期されることとなった。移転先の庁舎整備の遅れが原因といい、京都府と京都市、文化庁などが13日、合意した。

 文化庁の京都移転は「地方創生」を掲げる安倍政権が、東京一極集中の是正として打ち上げた霞が関の中央省庁移転のうち、唯一、全面移転まで具体化したもの。誘致を主導してきた府は、府庁に隣接する府警本部本館(京都市上京区)の改修と新たな庁舎をあわせて増設する計画で、今夏から18カ月間の工期を見込んできた。

 府によると、資材の確保が難しいことに加え、建設業界で働き方改革が進み、土・日曜の休業が普及。想定していた工期で完成させるのは困難とみられ、延長しなければ「応募する業者が出てこない」との見通しを設計事務所から伝えられたという。完成見込みが来年8月までずれ込み、移転はそれ以降になる。

 文化庁の移転は、長官を含む全…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら