[PR]

 NHKは4月以降、大河ドラマや連続テレビ小説などを含む定時番組のレギュラー出演者に対し、正式な契約書を交わす前に、違法薬物の使用や反社会的勢力との関わりがないことを誓約する書面の提出を求める。木田幸紀放送総局長が13日の会見で発表した。

 昨年大河ドラマ「いだてん」「麒麟(きりん)がくる」の出演者が麻薬取締法違反で相次いで逮捕されたり、スポーツ番組に出演したお笑い芸人が、反社会的勢力と接点を持っていた問題が発覚したりしたことを受けた対応だという。

 確認書は番組の出演が決まった段階で取り結ぶ。違法薬物を使用・所持していないことや反社会的勢力との関わりがないことなどを誓約する書面を、所属事務所の代表者と出演者本人に求めるという。

 契約書ではないため、違反した場合の罰則などはないが、木田総局長は「NHKは公共放送として反社会的行為を容認することはできない。出演者については所属事務所を通じて事前に確認作業をしてきたが、より確実に行っていく。一種の抑止効果はあるのではないか」と話していた。(河村能宏)