[PR]

 14日のバレンタインデーを前に、「ショコラティエ界の巨匠」として知られるジャンポール・エヴァンさんが13日、名古屋三越栄店(名古屋市)の自身の店を訪れた。記念撮影やサインを求め30人が行列を作った。

 エヴァンさんは、自身の名前で日本とフランスに計17店を展開し、三越のバレンタインの特設会場では「売り上げがトップクラス」(広報)。この日、エヴァンさんからサインをもらった愛知県豊川市の女性(49)は「食べるといつも幸せな気持ちになる」と話した。

 名古屋市内の各百貨店では、14日夜まで特設会場での販売を続ける。「売り上げ日本一」のJR名古屋高島屋は、過去最高だった前年の売上高(27億円)を大きく上回りそうだという。