[PR]

 6年間、利用者がゼロのままだった長野市所有の「炭焼き体験施設」が3月末に廃止されることになった。観光ニーズが低く、窯の老朽化や職人の高齢化もあり、市は今後の活用が見込めないと判断。関連条例の一部改正案を市議会3月定例会に提案する。

 同市戸隠にある施設は1996年4月にオープン。旧戸隠村が都市住民との交流を深めて山村振興につなげようと、特産のそばの提供・販売などをする「そばの里二番館」(建設費約1億8千万円)とともに、800万円で2基の炭焼き窯と木炭収納庫を整備した。

 市によると、開設当初は中学校の修学旅行の体験学習などで利用されたが、資料が残る限りでは10年度の948人をピークに減り続け、14年度からは利用者はゼロに。生徒のやけどやケガを心配して敬遠する学校も少なくなく、窯入れから窯出しまで数日間かかることも要因とみている。

 炭焼き職人の高齢化などで指導…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く