[PR]

 山梨県内は13日、ぽかぽか陽気に恵まれ、気温が上昇した。甲府地方気象台によると、最高気温は南部町22・6度、大月市22・1度、甲州市勝沼20・9度など。甲府市でも20・7度まで上がった。4月中旬~5月上旬並みの気温となり、観測10地点すべてで今年最高を記録した。

 気象台によると、12日夜から雨を降らせた低気圧の影響で、南から暖かい空気が流れ込み、気温が上がった。14日も甲府市で17度、富士河口湖町で14度まで気温が上がる見通しだ。

 富士河口湖町では13日午後0時34分、最高気温が5月上旬並みの18・7度を観測。富士山を望む大石公園では、上着を脱いで散策する行楽客の姿が目立った。(河合博司、野口憲太)