[PR]

 新型コロナウイルスの発生の影響から、あちこちでマスクが売り切れています。買い占めや転売も起こっているという報道もあります。ただ、日常生活において症状のない人が予防のためにつけるマスクの効果は、実は微妙なところがあります。

 今回の新型コロナウイルスに関連した世界保健機関(WHO)のリポートでは、症状のない人のマスクの着用は推奨されていません。新型コロナウイルスに限らず、風邪やインフルエンザの感染予防においても同様です。原則として、マスクはせきやくしゃみなどの症状のある人が他人にうつさないためにつけるもので、他人からうつされることを予防するものではありません。

 リポートの根拠は、日常生活における予防のためのマスク着用が感染症を予防するというエビデンスがないことです。ここでやっかいなのは、「予防するエビデンスがない」ことと「予防しないエビデンスがある」こととは違う点です。「予防効果まったくゼロ」と証明することは不可能です。それに、医療関係者や家庭で看病する人はマスクの着用が推奨されています。

 マスクの予防効果はゼロかイチかはっきり区別がつくものではなく、グラデーションだと思われます。患者さんと接触する医療関係者にとってはマスクの利点は明確でも、感染の機会の少ない一般の人にとっては不明確で、仮に利益があるとしても小さいと考えられます。とはいえ、利点がゼロと断言できない以上、マスクを着けるなとは言えません。

 ただし、マスクの予防効果は限定的であることは知っておきましょう。「しないよりマシかもしれない」ぐらいに思っておいてください。ふんだんにマスクがあるならともかく、品薄になって必要性の高い人にマスクが行き渡らないのは問題です。また、マスクを手に入れるためにあちこちの店を探し歩くのは感染の機会を増やしているだけで本末転倒です。

 ついでに言えば、マスクを着けるなら、正しい方法で着けてください。鼻を出している人をよく見かけますが、顔とのすき間がないようにしっかり鼻まで覆いましょう。マスクの外側を触るのも避けましょう。マスクの外側には病原体が付着していると思ってください。マスクを外すときは耳にかけているゴムひもだけを触ってください。外した後は手を洗いましょう。再利用も危ないです。

 マスクよりもずっとおすすめなのは手洗いです。呼吸器感染症に限らず、手洗いは感染対策の基本です。「手ぐらい、ちゃんと洗っているよ」とお思いのみなさん、ほんとうに正しい手の洗い方はできていますか?厚生労働省の啓発ポスター(https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/inful-poster25d.pdf別ウインドウで開きます)が参考になります。

 見た目の汚れがなければ、擦過式アルコール製剤による手指消毒でも大丈夫です。ただし、手のすみずみまでくまなく塗ってください。費用対効果という点では、手洗いはきわめて優れています。効果が不明確なマスク着用よりもまず、きちんと手洗いをしましょう。

《酒井健司さんの連載が本になりました》

これまでの連載から80回分を収録「医心電信―よりよい医師患者関係のために」(医学と看護社、2138円)。https://goo.gl/WkBx2i別ウインドウで開きます

<アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/sakai/

拡大する写真・図版内科医・酒井健司の医心電信

酒井健司

酒井健司(さかい・けんじ) 内科医

1971年、福岡県生まれ。1996年九州大学医学部卒。九州大学第一内科入局。福岡市内の一般病院に内科医として勤務。趣味は読書と釣り。医療は奥が深いです。教科書や医学雑誌には、ちょっとした患者さんの疑問や不満などは書いていません。どうか教えてください。みなさんと一緒に考えるのが、このコラムの狙いです。