[PR]

 和歌山県は14日、済生会有田病院(和歌山県湯浅町)を受診していた県内の70代の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたと発表した。現在別の医療機関に入院中で、病状は重症だという。同病院に関連する感染者は2人目となる。

 県によると、男性の職業は農業。今月1日に吐き気などの症状を訴え、5日に発熱した。県はこの男性の濃厚接触者の有無や感染源を調査しているが、13日に感染が判明した同病院の50代の男性外科医との接触はないとみている。発病前14日間の中国への渡航歴は不明だという。