拡大する写真・図版映画「パラサイト」に出てくる宅配ピザの箱を実際に使っているピザ店。店先にポン・ジュノ監督の写真を掲げている=2020年2月13日午後、ソウル・銅雀区、清水大輔撮影

[PR]

 韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が米アカデミー賞で作品賞など主要4部門を獲得したことを受け、ロケ地のあるソウル市は「聖地巡り」をする観光客を当て込み、観光コースとして整備することを決めた。作品に登場した即席麺などの売れ行きも急伸している。4月の総選挙に、その人気を政治利用しようとする動きまで出てきた。

 映画は、ソウル市の半地下住宅に暮らす貧しい一家が裕福な家庭に寄生(パラサイト)することを通して、韓国が抱える格差問題を描いた。

拡大する写真・図版映画「パラサイト」で主人公らが歩いた坂道で記念撮影をする人=2020年2月13日午後、ソウル・麻浦区、清水大輔撮影

 ソウル市は13日、映画のロケ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く