【動画】ジョシュとゆく東京バリアフリー 新しい国立競技場、車いすでの使い勝手は?=遠藤啓生、竹谷俊之撮影
[PR]

 東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる国立競技場は、車いすでも見やすいのでしょうか。電動車いすで生活し、外国人障害者向けの日本観光サイト「アクセシブルジャパン」を運営しているカナダ出身のバリージョシュア(以下ジョシュ)さん(39)が、完成したばかりの競技場に向かいました。

 「おーすごい。視界を遮るものがないので、スタジアム全体を見渡せますね」

 こけら落としとなった2019年12月21日、スタジアムに入るとジョシュさんが思わず声をあげました。

拡大する写真・図版国立競技場の車いす用観客席に座るグリズデイル・バリージョシュアさん(左)=2019年12月21日、林敏行撮影

 目の前に広がるのは、真ん中が空いたドーナツ形の屋根から陽光が差し込むフィールド。スタジアムは地上5階建てで、上に行くほど急になるすり鉢状の構造になっています。上段でも遠さを感じません。

日本パラ委員長との対談動画も
日本パラリンピック委員会の河合純一委員長が東京パラリンピックへの期待や国立競技場の造りについて語ります。

■常設の車いす席、約500席 …

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら