[PR]

 新型コロナウイルスの感染者が乗船している疑いがあるとして、日本やタイなどに入港を拒まれたクルーズ船ウエステルダム号の搭乗者が14日、カンボジア南部シアヌークビルの港で下船を始めた。

 運航会社によると、船内で感染者は確認されていないという。運航会社は13日、「事実に基づく決定を下したカンボジアの皆さんに感謝する」との声明を出した。

 菅義偉官房長官は14日の記者会見で、乗船している日本人について「いずれも健康状態に問題はないという報告を受けている」と述べた。

 クルーズ船は日本人5人を含む…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら