[PR]

 東京都は14日、新型コロナウイルスの感染者2人を新たに確認したと発表した。いずれも、すでに感染が明らかになっている都内在住の70代のタクシー運転手男性と濃厚接触していたという。

 都によると、タクシー運転手は1月18日、都内の屋形船で開かれた個人タクシー組合支部の新年会に出席した。運転手の感染を受けて検査したところ、この屋形船の従業員が感染していることがわかった。従業員は、中国湖北省からの旅行者と接触歴があるという。

 また運転手と日頃からやり取りしているタクシー組合支部の職員も感染していた。

 新年会には約80人が参加し、このうち約10人に発熱などの症状があるという。都は、タクシー組合員や屋形船の従業員などについてウイルス検査を進めている。

 神奈川県によると、タクシー運転手は、同県で亡くなった80代の女性の義理の息子にあたり、運転手の妻と女性は1月21日に会っていたという。