[PR]

 阪急阪神ホテルズは14日、5月に宝塚大劇場の西隣に移る「宝塚ホテル」(兵庫県宝塚市)のコンセプトを「夢のつづき」にすると発表した。観劇後に夢見心地のまま、眠りにつけるようにしたいという。新たな客室は優雅な雰囲気を残しつつ、明るさを加える。宝塚歌劇の公式動画配信サービスも無料で楽しめる。

 新たな宝塚ホテルは5月14日に開業する予定だ。現ホテルは1926年5月にオープンし、2009年から宝塚大劇場のオフィシャルホテルになった。大劇場と離れた場所にあり、耐震化のため建て替えることになっていた。いまの建物は3月末で営業を終えるという。

 同社広報は「大劇場から帰っても、ホテルでそのまま余韻に浸っていただきたい」と話す。(金本有加)