[PR]

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスが14日に発表した2019年12月期決算は、純損益が27億円の赤字となった。赤字は2年連続。

 売上高は前年比6・3%増の675億円、営業損益は7100万円の赤字(前期は38億円の黒字)だった。

 売上高の8割を占める「いきなり!」は、13年の初出店から約490店まで急速に出店を伸ばしたが、近隣の店舗同士で客の奪い合いが起きたという。このため春までに44店を閉店する方針で、店舗の減損として27億円を計上した。今後は新規出店を抑制し、20年12月期は2300万円の純利益を見込む。(長橋亮文)