[PR]

 広島中央署の金庫から現金8572万円が盗まれた事件で、事件後に病死した、元同署の脇本譲警部補(当時36)が14日、容疑者死亡のまま窃盗などの疑いで書類送検された。捜査は難航したが、県警は犯行日の特定がカギだったと説明。一方脇本警部補は、「無関係」だと訴える日記を残していた。

拡大する写真・図版多額の現金がなくなった広島中央署。ガラス越しに会計課を調べる捜査員の姿が見える=2017年5月11日夜、広島市中区、上田幸一撮影

 捜査の焦点は、犯行日の絞り込みだった。事件発覚から3年近く。広島県警は状況証拠を積み重ね、広島中央署内の金庫から8572万円が盗まれた日を2017年3月26日ごろと特定した。14日の会見で、県警幹部は「昨年の春までは特定できていなかったが、26日を境に全部説明がつく」と述べた。

 直接的な証拠がない中で捜査は難航。

 状況が変わったのは、同署に1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く