[PR]

 三重県鈴鹿市平田新町でベビー用品販売「サカタ」を経営している阪田朋成さん(55)が14日、末松則子市長を訪ね、絵本など子ども向け図書50冊を寄贈した。3年連続の寄贈で、計125冊になり、市立図書館はさっそく新しい本も棚に並べるという。

 飛び出す絵本など、子どもたちが興味をもって手にしてくれそうな本を選んだという。図書館によると、これまでの本も好評で、傷んだところを直しながら使っているという。

 1966年の創業から半世紀が過ぎたことを記念して2018年1月に最初の寄贈をしたが、阪田さんは「地元で長く商売をさせて頂いており、お役に立てるなら、できる限り続けていきたい」と話していた。