[PR]

 クロマグロ漁が盛んな青森県で近年、プレジャーボートや遊漁船によるマグロ釣りが盛んになっている。クロマグロの資源管理が国際的に厳しくなり、漁獲量を規制されている漁師たちの思いは複雑だ。

 年始のマグロ初競りで話題になる青森県大間町から約60キロ。津軽半島北端に近い中泊町の小泊漁港には、マグロ漁が盛んになる夏から冬にかけて、防波堤沿いに小型のプレジャーボートがずらりと並ぶ。近くに駐車している車は県外ナンバーも多い。

 埼玉県から訪れていた会社員男性(50)は、「休みの日を見つけてはマグロを釣りに来ている。ロマンがあるよね」。50キロほどのクロマグロを釣り上げたこともあるという。

プレジャーボートや遊漁船は漁協に所属していないため、釣り上げたマグロは漁獲枠に含まれない。「200キロ級の大型マグロを水揚げしているのを見て、うらやましく思ったこともある」と嘆く漁師も。水産庁の担当者にも見解を聞きました。

 こうしたプレジャーボートの多…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら