[PR]

 福岡県大牟田市の関好孝市長は14日、臨時記者会見を開き、同市出身の漫画家萩尾望都さん(70)に市民栄誉賞を贈ると発表した。同市の市民栄誉賞は1月の故中村哲医師らに続いて4件目。授与理由について関市長は「不朽の名作を生んだ功績と文化功労者として顕彰されたことは市民にとって誇り」と語った。

 授賞式は3月19日に東京の出版社で行う。萩尾さんは市を通じて「すでに大牟田を離れて50年近く。大牟田に何の貢献もしていませんのに、このような賞をいただき、恐縮です」とのコメントを発表した。

 萩尾さんは代表作「ポーの一族」をはじめ、サスペンスやSFからラブコメディーまで幅広いジャンルの作品を手がけている少女漫画界の第一人者。昨年秋、女性漫画家として初の文化功労者に選出された。(森川愛彦)