[PR]

 福井県小浜市川崎3丁目の御食(みけつ)国若狭おばま食文化館は、2003年の開館当時から展示されている人形「鯖(さば)を運ぶ男」の名前を募集している。「小浜生まれの小浜育ち。シャイで独身」との設定。同館は「特徴から想像される素敵な名前を」と呼びかけている。

 3月8日(鯖街道の日)に、市内にオープンする鯖街道MUSEUMを記念した事業の一環。小浜で採れたサバを鯖街道で都へ運んだ人を再現しており、背中のかごにはササに包まれたサバのレプリカが入っている。「京は遠ても十八里」の表示も。「25歳のA型、うお座。若狭イチの韋駄天(いだてん)で虫が苦手。お酒とへしこが大好きで花嫁募集中」だそうだ。

 住所、氏名、電話番号を明記し、はがきかメール、食文化館内の応募用紙のいずれかで応募。1人1通で名前は三つまで(ふりがなも)、理由も記す。今月29日の消印有効。発表は3月8日に同館(0770・53・1000)で。名付け親には記念品を贈る。(菱山出)